HOME >  お口のトラブル

お口のトラブル

あなたは今、どんなトラブルにお困りですか?

今お困りのお口のトラブルがあれば、クリック・タップしてください。
どんな原因が考えられるか? どんな治療が必要か?をご説明します。

歯のトラブル

歯が痛いとき一番に疑われるのは「虫歯」ですが、虫歯以外の原因もあります。
例えば、歯茎が炎症を起こしているための痛みかもしれません。その場合は歯周病の治療が必要になります。

また、歯並びが悪くて向かい合う歯がうまく噛み合っていないと、歯に負担がかかって痛みを感じることがあります。
歯並び・噛み合わせの改善には、矯正歯科治療が必要です。

永久歯が生え揃う前のお子さんの歯には、成人とは異なるアプローチが必要になることもありますので、小児歯科治療で対応いたします。

あなたが「虫歯かな?」と思ったのはなぜでしょうか?

  • 歯に黒ずみができていますか?
  • 甘い食べ物や温かい飲み物が歯にしみますか?
  • 舌で触ると歯に穴があいているように感じますか?
  • 噛むと痛みを感じますか?
  • 何もしなくてもズキズキ痛みますか?

虫歯は、歯が痛くなるほど進行してからでは、歯の神経を取り除いたり、歯を抜いたりしなければならなくなります。当院ではなるべく歯を抜いたり削ったりしたくないと考えていますので、早めに治療にいらして欲しいと願っております。

やむを得ず歯を抜いて治療をおこなう場合は、抜歯後に入れ歯(義歯)やインプラントなど、患者さんの希望を伺いながら欠損歯を補う治療をいたします。

歯がぐらつく原因として一番に考えられるのは、歯周病が進行して歯を支えるあごの骨が溶けてしまっていることです。
歯肉(歯茎)の腫れや出血も見られるはずですので歯周病治療を進め、可能であれば歯を固定する処置をおこないますが、歯がグラグラするほど進行しているケースでは、歯を残すのは難しいかもしれません。

歯を残すことができないときは、入れ歯(義歯)やインプラントなどで欠損歯を補い、きちんと噛めるようにします。

30代から発症のリスクが高くなる病気で、虫歯がない人でも自覚症状がないままどんどん進行してしまうことがあります。自覚症状がなくても30~40代から定期的なクリーニングなどで予防を始められることをおすすめしています。

また、歯並び・かみ合わせが悪く、向かい合う歯と歯がぶつかる状態が長く続くと、歯に過度な負担がかかってぐらついてくることがあります。矯正歯科での歯並び・かみ合わせ改善が適しています。

歯茎のトラブル

歯茎が腫れたり出血したりする原因のひとつは、歯周病です。歯茎が炎症を起こしている<歯肉炎>か、更に進行して歯茎の奥の方が炎症を起こして膿んでいたりする<歯周炎>になっている可能性があります。

もうひとつの原因として考えられるのは、歯の根の病気(根尖膿瘍)です。虫歯が神経まで進行したり、以前おこなった歯の根の治療が不十分で再発したりしたため、歯の根(歯茎の奥の方)に膿が溜まっているのかもしれません。歯茎にできたおできのようなものが破れ、膿が出てくることがあります。

歯周病が原因であれば歯周病治療をおこない、歯の根の病気が原因であれば歯の根の治療(根管治療)をおこないます。
歯周病治療も根管治療も根気よくおこなわなければならないので、改善するまで何度か通院していただくことになりますが、できるだけ歯を残せるように治療をおこなって参ります。

歯茎の痛みの原因は、歯茎自体のトラブルによるものと、歯のトラブルに起因するものがあります。

【歯茎が原因の痛み】

歯茎の腫れ、出膿
(歯周病など歯茎自体炎症を起こしている場合と、歯の中に溜まった膿により起こっている場合があります)

【歯が原因の痛み】

虫歯、歯の根の病気(根尖膿瘍)、かみ合わせ不良、親知らず

痛みの原因によっては、すぐに治療を開始した方が良いものがあります。
歯茎に痛みや違和感があれば、早めに歯科に相談されることをおすすめします。

噛み合わせ・入れ歯のトラブル

<噛めない>のには理由があります。

歯周病で歯がぐらついていたり、虫歯で違和感があって噛みづらかったり歯の欠損や歯並び・かみ合わせが悪いためにしっかりと噛むことができなかったり、せっかく作った入れ歯が合わないせいだったりと、患者さんごとに原因が異なります。

よく噛めないな、と思ったら、まずは歯科を受診して原因を調べてもらいましょう。

歯並びが悪いことは、お口だけでなく全身の健康にも影響することがあります。
80歳になってもご自分の歯が20本以上残っている方の多くは、歯並びがきれいな方です。

歯並び治療は成長期のお子様だけのものではありません。
ご高齢の方でも、歯や歯を支えるあごの骨がしっかりとしていれば、矯正歯科治療は可能です。
「もう遅い」とあきらめる前に、どうぞ当院に相談にいらしてください。

せっかく入れ歯を作ったのに、噛むと痛い、すぐ外れる。長く使っているうちに入れ歯が合わなくなってしまった。
そんな入れ歯に関する悩みの相談をしばしば受けます。

当院では保険の入れ歯であっても、快適に使っていただけることを目標として丁寧にお作りしています。院内技工室で入れ歯の制作・修理をおこなっていますので、お急ぎの方にはなるべく早めに対応させていただいています。

口腔内の衛生管理をしっかりとおこなえる方であれば、ご希望によりインプラント義歯をお作りすることもできます。

お子様の歯・予防・通院のトラブル

子供の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)より弱く、虫歯になりやすいものです。
また、永久歯に生え変わる時期に歯並びやかみ合わせを心配される保護者の方も大勢いらっしゃいます。

お子様の歯の治療は場合によっては成長などを考慮し、大人の歯とは違ったアプローチをする必要があります。当院では<小児歯科>の治療にも対応していますので、お子様と一緒にご通院いただけます。
※場合によっては、小児歯科を専門的におこなっている医院(大学病院など)をご紹介することもございます。

歯を失う原因の7割以上が虫歯と歯周病です。
特に40代以上では、歯周病による歯の欠損リスクが急激に高まります。

しかし実は、虫歯も歯周病も、定期的なメンテナンスを続けることで予防することができるのです。

当院では、できるだけ歯を長く残すためにも、「歯が悪くなる前に予防」を推奨しています。
お子様からご高齢の方まで、ご家族みんなで予防に取り組まれてはいかがでしょうか?

当院は、施設や在宅で寝たきりの方や、歩行困難、入院中などで通院できない方への訪問歯科診療をおこなっています。
専任の歯科医師と歯科衛生士が、患者さん・ご家族のご都合に合わせて訪問診療車にて伺い、患者さんの一番楽な状態で診療いたします。
特別にご準備いただくものはございませんので、お気軽にご相談ください。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内