HOME >  歯周病治療

歯周病治療

放っておくと歯がなくなる!

歯を支える骨が溶けてしまいます

歯を支える骨が溶けてしまいます

歯周病(歯槽膿漏)は、虫歯と同じく、口の中の細菌によって引き起こされる感染症です。

歯が溶かされるのではなく、歯周病の原因菌が出す毒素に対する免疫反応で、歯を支えるあごの骨が溶かされてしまいます。歯や、いわゆる歯周ポケットに付着している原因(プラーク)を取り除かなければどんどん骨が溶かされ、やがて歯を支えることができなくなってしまいます。

成人の8割が歯周病!?

成人の8割が歯周病!?

厚生労働省が実施した歯科疾患実態調査によれば、成人の8割以上の方が、歯肉に何らの症状(歯石沈着を含む)が見られたそうです。

歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)の深さが4mm以上で<歯周病>とされますが、30代から発症率が高まり、50代では半数以上の方が歯周病にかかっています。

8020財団の調査によれば、45歳以上の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。

(それ以下の年齢層では、第一位は虫歯)

歯を失わないためには、歯周病にかからないように予防することが重要なのです。

歯周病の治療

歯周病治療は、一度治療を受けたからといってすぐに改善するものではありません。

治り方や口腔ケアの状態などを確認しながら段階的に進めて行きますので、患者さんの症状やケアの仕方などによっては治療が長期にわたることもあります。

また、歯周病に<完治>はありません。歯茎の状態をできるだけ良い状態にするために口腔内の環境を改善して進行を止め、再び噛むことができるように機能回復をおこなうことが歯周病治療のゴールです。

歯周病治療の流れ(概要)

歯周病予防・再発防止のポイント

一度歯周病を発症した方は、再発のリスクが非常に高くなります。

歯周病にかかっていない方はかからないように、すでにかかってしまっている方は治療後に再発しないように、メインテナンスをしっかりと受けることが大切です。

プラークコントロールをしっかりと!

プラークコントロールをしっかりと!

歯周病の治療と予防の基本は<プラークコントロール>です。

プラークコントロールとは、歯周病の原因である細菌の棲み家であるプラーク(歯垢)を減らし、プラークが溜まりにくいお口の環境を作ることで、歯周病のリスクを軽減することです。

ご家庭での歯磨き

毎日おこなっていただく歯磨きが、歯周病治療・予防では大変重要になります。

歯の表面に付着したプラークを歯ブラシで落としますが、ごしごしこすっただけでは簡単には落ちません。強く力を入れてこすったり、お口に合わない歯ブラシを使うことも良くありません。

また一般的な歯ブラシでは歯と歯の間の汚れを落とすことはできませんので、どんな歯ブラシを使ってどんな磨き方をすれば良いのか、ブラッシング指導をいたします。

歯科医院での定期メインテナンス

毎日丁寧にブラッシングをしても、肉眼では認識できない磨き残しがどうしてもできてしまいます。また、歯周ポケットの中のプラークを歯ブラシで取り除くのは難しいです。

磨き残しがあると、そこから細菌が繁殖して、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

定期的に歯科医院でクリーニングを受け、歯と歯の間や歯周ポケットの中までしっかりとプラーク除去をすることで、虫歯・歯周病のリスクを軽減することができます。

「虫歯がない」の油断は禁物!

虫歯と歯周病は原因菌が異なるため、虫歯がないから歯周病にならないと油断するのは禁物です。

むしろ、虫歯になったことがない人の方が口腔ケアが不十分になりやすく、気付いた時には歯周病が進行していた、というケースが少なくありません。

もちろん虫歯になりやすい方は、やはり口腔ケアが不十分である可能性が高いため、歯周病のリスクも高くなります。

どなたにも歯周病発症のリスクはありますので、自覚症状がなくても「自分は大丈夫」と思わず、虫歯・歯周病のチェックを定期的に受けることをおすすめします。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内