HOME >  矯正歯科

矯正歯科

歯並びが悪いとダメなの?

歯並びが悪いとダメなの?

矯正歯科は、歯に装置を装着して歯を動かし、歯並びやかみ合わせを改善する歯科治療です。

しかし歯並びが悪いことは、一部を除いては「病気」と認められていないため、矯正歯科治療には保険が適用されません。

では、なぜ矯正歯科治療が必要なのでしょうか?

それは、歯並びが悪いことでさまざまなデメリットが引き起こされるからです。

歯並びを改善することで得られるメリットは、「見た目がきれいになる」ということだけではないことを知っていただきたいと思います。

良い歯並びがもたらすメリット

見た目が良い

歯並びが良い人と悪い人を見比べた時、どちらの口元の方が良いと感じますか?

「気にしない」という方が多いかもしれませんが、「歯並びが悪い方が、歯並びが良い人よりも良い」と答える方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?

虫歯になりにくい

歯が重なっていたり、でこぼこしていると、歯ブラシが隅まで届かず磨き残しが増えてしまいます。

矯正歯科治療を受けた方から「歯磨きがしやすくなった」という感想をよく受けます。

また、80歳で20本以上ご自分の歯が残っている方の多くは、歯並びがきれいです。

歯並びが良い方がお口のケアをしやすく、虫歯や歯周病のリスクを低くすることができます。

しっかり噛める

歯並びが悪い方の多くは、歯を全体的にしっかりとかみ合わせることができません。

しっかりとかむことができないと食事の時に影響しますし、運動する時も歯を食いしばることができず全力を出すことができません。

かみ合わせは、身体全体のバランスにも影響します。かみ合わせが悪くてしっかりと噛み切ることができずにお困りの方は、矯正歯科治療を検討されることをおすすめします。

矯正歯科の治療

当院では、矯正歯科専従の歯科医師が治療を担当します。

お子さんから大人、ご高齢の方まで、年齢にかかわらず、どんな方のご相談も承っています。

大人の一般的な矯正

大人の一般的な矯正

いわゆる<全顎矯正>です。最近では、「見た目を良くしたい」という審美的な目的だけでなく、「歯磨きがしづらくて虫歯が多いのを改善したい」という健康を目的として矯正歯科治療を希望される方も増えて来ています。

矯正歯科治療は、歯やあごの骨がしっかりしていれば、年齢制限はありません。

就職を機に治療を始める20代の方、結婚や海外転勤をきっかけとして始められる30代の方が多いですが、将来的なお口の健康を気にして40代50代から治療を希望される方もいらっしゃいます。

「遅すぎる」ことはありませんので、歯並びやかみ合わせが気になられたらご相談だけでも受けにいらしてください。

大人の部分的な矯正

前歯のすき間や、目立つデコボコだけを部分的に改善する矯正治療です。

かみ合わせに大きな問題がないことなど条件がありますが、間近に迫った結婚式や面接日などの特別なイベントまでに目立つところだけ治したい方や、装置を長くつけられない方は部分矯正で対応可能な場合があります。

治療の可否を診断するためには検査・カウンセリングを受けていただく必要がありますが、気軽に受けられる矯正治療として希望される方が増えています。

子供の矯正

子供の矯正

成長期のお子さんの方が大人よりも歯を効率よく動かすことができますので、早く始めた方が短期間で改善できる可能性が高くなります。

しかし、矯正歯科治療は<永久歯>の歯並び・かみ合わせを正しくすることを目的としておこなうものですので、永久歯の萌出前(乳歯列期)や永久歯に生え変わる時期(混合歯列期)に矯正歯科治療をおこなう際は、お子さんのあごや歯の成長も考慮する必要があります。

歯並びが悪いことが大きなデメリットを与えている(発音や咀嚼を阻害している、唇や周りの歯を傷つけている、歯並びが原因で精神的苦痛を感じているなど)場合には永久歯が生え揃う前に治療を開始することがありますが、状況によっては永久歯が生え揃うまで待った方が負担が少ないこともあります。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内