HOME >  歯を残す治療

歯を残す治療

なるべく削らない・抜かない、できるだけ残す

噛むことの大切さ≫で述べたように、当院ではいつまでもご自分の歯でしっかりと噛んでいただくためのお口の健康づくりを第一とした歯科治療に取り組んでいます。

歯がなくなっても入れ歯やインプラントで<噛める>ようにすることはできますが、どんなに高い技術でどんなに良い素材を使ったとしても天然の歯を完全に再現することはできません。

ですから、私たちは患者さんの<歯を残す>ことにこだわっています。

<きちんと治す>歯科治療のためにご理解いただきたいこと

当院が最も大切にしていることは、「きちんと噛めるように治し、治療に対して責任を持つこと」です。

そのため、例えば他の歯科医院で実施している「最新」「最先端」の治療については対応しかねることがあります。
また、患者さんが希望されても、最適とは考えられない治療(残せる歯を抜いて欲しいなど)についてもお断りする場合がございます。治療内容によっては、信頼できる専門医院(大学病院など)をご紹介させていただくこともございます。

患者さんの不利になるいい加減な治療をしたくないためにおこなっていることですので、どうぞご理解いただければと思います。

<歯を残す>ための取り組み

削る量は最小限に抑えます

削る量は最小限に抑えます

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって歯の表面が溶かされる病気です。
溶かされて柔らかくなった部分には原因菌が入り込んでいますので、虫歯になった部分を完全に取り除いてしまわないと、残った虫歯から再発してしまいます。

再発させないために、従来の歯科治療では「怪しい部分は全て取り除いてしまう」ということが優先され、削る量が多くなっていました。
しかし一度削ってしまった歯は元には戻せません。当院では取り残しがないように注意しながら、必要最小限の切削をおこなうようにしています。

根管治療を丁寧におこないます

虫歯が進行して歯の根(神経)まで感染してしまった場合は、専用の細い器具を使って感染した神経や歯質を取り除きます。これを根管治療と言います。

根管治療が終わったら、歯の根に薬を詰めて人工歯の被せ物(クラウン)でふたをします。細菌を取り残したままクラウンを被せてしまうと、歯の根の中で再び細菌が繁殖してトラブルを起こしてしまうことがありますので、取り残しがないように丁寧に取り除いて行きます。

時間がかかることがあります

根管治療は、早ければ2~3回程度の通院で終了しますが、1~2ヶ月かかることもあります。

歯の根は非常に複雑な形状をしており、歯の根の中を目で確認することができません。
手さぐりに近い状態で感染部分を取り残さないように少しずつ丁寧に取り除いて行きますので、歯の部位や形状、感染状態によっては根管治療に長い時間がかかることがあります。

途中で治療をやめてしまうと再発のリスクが高まりますので、治療が長くなっても根気よくご通院ください。

歯周病の治療と予防に力を入れています

日本人の40%以上の方が歯周病で歯を失っており、歯を失う原因としては虫歯(約30%)を抜いて第一位です。
患者さんを歯周病にしない、なっても改善して再発させないことが、<歯を残す>ための鍵になると考えても良いのではないでしょうか?

歯周病は、細菌が出す毒素に対する免疫反応により、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。虫歯と同じく、一度溶かされた骨は元には戻りませんので、口の中の原因菌を減らしてそれ以上進行しないように、歯石除去とクリーニングを中心とした処置をおこなって行きます。

当院では歯周病治療専用のユニット(クリーニングユニット)を設置しており、担当衛生士が患者さんに合わせたプログラムを考えて改善処置をおこなっています。

歯周病治療・予防の主役は患者さんです!

歯周病治療のゴールは、お口の中の原因菌を減らして進行を止め、補綴治療により再び噛むことができるようにすることです。原因菌を減らす お口の中の環境を改善するために不可欠なことは、患者さんご自身がしっかりと口腔ケアを続けることです

歯科医院でどんなに丁寧に歯石取りやクリーニングをおこなっても、毎日のブラッシングが不十分であれば原因菌を減らすことはできません。歯周病治療は歯科医院と患者さんが二人三脚でおこなうものであることをご理解いただき、口腔ケアのご協力をお願いします。

抜いて終わり、の治療はいたしません

虫歯も歯周病も、悪くなった歯を抜いてしまえばトラブルを取り除くことは簡単です。
歯科医師としてもさっと歯を抜いて終わりにしてしまう方が楽ですが、歯を抜くことが患者さんにとって最善の方法とは限りません。

できるだけ歯を残すために、また、患者さんにとって最善の治療を責任を持っておこなうために、「痛いから抜いて欲しい」というご要望にお応えしないこともございます。

インプラントは<最後の手段>と考えています

当院では1996年から本格的なインプラント治療を始めており、インプラント埋入手術の骨統合率(いわゆる成功率)は99.5%、5年後の残存率(問題なく残っている割合)も99%と非常に高く、施術に対して自信があり、客観的にみても技術・実績ともに申し分のないものと考えております。

しかし、インプラントを積極的におすすめすることはありません。
なぜなら、インプラントは「歯がないこと」「歯を抜くこと」を前提とした歯科治療だからです。
また、インプラントは入れ歯やブリッジなど他の歯科治療と比べて感染症のリスクが非常に高く、埋入後の口腔ケアを十分におこなえる方でなければトラブル(インプラント周囲炎)が生じる可能性が高まります。

そのため、当院ではインプラントを「最善」「最良」とは考えず、希望される方にも十分にリスクを理解していただいた上で治療をおこなうようにしています。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内