HOME >  小児歯科

小児歯科

乳歯の虫歯はお子さんの「成長」に影響します

乳歯はいつか永久歯に生え変わるから、虫歯になっても大丈夫だと思っていませんか?
乳歯の虫歯はお子さんの成長に影響しますので、保護者の方にはぜひ虫歯予防に取り組んでいただきたいと思います。

乳歯の虫歯がもたらすリスク

永久歯が虫歯になりやすくなります

乳歯が虫歯になるということは、虫歯菌が多く存在している中で永久歯が生えてくることになります。
生え始めの永久歯は弱く、虫歯の感染リスクが高くなります。永久歯が生える前に、虫歯のない良い環境を作ることが大切です。

永久歯の歯並びが悪くなることがあります

乳歯の下では、永久歯の種(歯胚)が形成されています。
乳歯の虫歯が進行して歯の根に膿がたまったりすると、歯胚の成長が阻害されます。
そのため、永久歯が十分に成長しないまま生えて来たり、変形したりすることがあります。

永久歯が生える準備ができていない時期に乳歯を虫歯で失ってしまうと、歯がないところに周りの歯が倒れ込み、永久歯がまっすぐ生えるスペースがなくなって、横から生えてしまうことがあります。

あごの成長が不十分になることがあります

虫歯があると痛みや違和感が出ますので、虫歯を避けて反対側のあごだけで食べ物を噛む習慣がつくことがあります。
片方のあごだけで噛んでいると、よく噛む方と噛まない方のあごの成長バランスが崩れます。
成長バランスが崩れると、歯並びやかみ合わせが悪くなり、矯正歯科治療が必要になることがあります。

子供を虫歯にしないために

お子さんを虫歯にしないためには、ご家族の協力が重要です。
虫歯にしないために気を付けていただきたいポイントについてご説明いたします。

<食習慣>大丈夫ですか?

お子さんが欲しがるからと言って、一日に何回もおやつをあげていませんか?
虫歯は、細菌が食べ物に含まれる糖を酸に変え、口の中が酸性になることで歯が溶けてしまう病気です。食べ物が口の中に入っている時間が多ければ多いほど、虫歯になるリスクが高くなります。

いわゆる<だらだら食べ>が歯にとって最も良くありません。

成長期のお子さんやスポーツをしているお子さんには、成長を助ける補食としてのおやつは必要ですので、おやつを禁止することは望ましくありません。おやつをあげるときは時間をきめてあげ、食べた後は必ず歯磨きをするように習慣づけるようにしましょう。

<仕上げ磨き>は6歳くらいまでが理想

小さなお子さんが一人で磨き残しなく歯磨きをすることを求めるのは無理です。
一人できちんと磨けるようになるまで、大人の方が最後にお口のチェックをし、仕上げ磨きをするようにしてあげてください。

仕上げ磨きは「いつまで」という決まりはありませんが、できれば、永久歯に生え変わる小学校1~2年生頃まで続けてあげると良いでしょう。

痛くなる前に<歯医者さん通い>の習慣を

お子さんが歯科通院を嫌がるのはなぜでしょう? 一番の理由は「怖い」そして「痛い」からではないでしょうか。
痛くなる前=虫歯になる前から歯医者さんでお口のチェックをしてもらい、虫歯にならないためのケアや指導を受けることを習慣づけることをおすすめします。

家族みんなで、「歯医者=痛くなったら行くところ、歯を削るところ」・・・ではなく、「歯医者=痛くならないようにするため、歯を削らないために行くところ」とお考えいただきたいと思います。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内