HOME >  インプラント

インプラント

<しっかり噛める>を回復する歯科治療

インプラントは、虫歯や歯周病、破折などで歯を失ってしまった際に、入れ歯やブリッジよりも自然で天然歯に近い形態と機能を回復できる歯科治療です。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまったときの治療法のひとつとしてご検討ください。

現在入れている入れ歯やブリッジにストレスを感じていらっしゃるなら、インプラントへの変更のご相談も承っています。

インプラントのメリット

ぐらついたり、はずれたりしない

歯が失われた部分の骨に人工歯根(インプラント)を埋め入れ、その上に人工歯を被せます。骨と結合した人工歯根(チタン製)に人工歯を固定しますので、入れ歯のようにぐらついたり、はずれたりしません。

肉やお餅など入れ歯では噛み切りにくい食べ物も食べられるようになり、食べ物のかすが隙間に入り込んで痛むこともなくなりますので、食事のストレスが軽減される方が多いようです。

金具不要で、見た目が良い

入れ歯のデメリットのひとつに、特に部分入れ歯では金属の金具が目立ち、見た目が悪いということがあります。

インプラントはあごの骨の中に埋め入れてしまいますので、外から見えるのは歯茎の上の人工歯の部分(上部構造)だけです。人工歯を歯の色に近い色の素材で作ることで、より天然の歯に近づけることができます。

残っている天然歯に負担をかけない

部分入れ歯・ブリッジは、周りの歯を削ったり金具をかけたりしなければならないため、支台にした歯への負担が大きくなって、歯の寿命を短くしてしまうことがあります。

インプラントは欠損部分に直接人工歯根(インプラント)を埋入して人工歯を取り付けるため、周りの歯に負担をかけることがありません。残存歯への負担が軽く、歯を残せる可能性を高くできることが、当院でインプラントをおすすめする一番の理由です。

入れ歯・ブリッジとの比較

虫歯や歯周病で歯を失ったとき、一般的には入れ歯(義歯)またはブリッジで欠損部を補います。

インプラントは全て保険が適用できない自費診療となりますが、入れ歯・ブリッジは基本的に保険での治療が可能です。

(保険がきかない素材や治療法を用いる場合は、自費診療となります)

インプラント ブリッジ 入れ歯

成功率・安全性

一時期、インプラントの事故が盛んに取り上げられましたが、正しい方法で適切な治療をおこないさえすれば、インプラントは危険な治療ではありません。

当院は口腔外科の診療もおこなっており、インプラントの実績も豊富にあります。

99%の成功率、約20年の治療実績

当院では1996年から本格的にインプラント治療を始め、20年近く埋入手術をおこなってきています。

その間のインプラント手術の成功率(骨と結合した生着率)は99.5%、上部構造(人工歯)を取り付けてから5年後も脱落せずに使用できている残存率(生存率)は99%です。

信頼性の高いインプラントシステム

当院で用いているインプラントシステムは、世界4大メーカーのひとつ・ストローマン社(スイス)のものです。長い歴史と実績がある安全性・信頼性の高いインプラントとして認識されています。

当院では信頼性の高いインプラントを使用し、ごく当たり前のスタンダードな治療に徹しています。「最先端」などの目立つ治療法を用いることはありませんが、成功率・安全性の高さを重視することが、当院の基本方針です。

専用のオペ室

インプラントの失敗の多くは、感染症によるものです。

当院ではなるべく感染のリスクを避けるため、専用のオペ室を導入して、衛生管理を徹底した手術をおこなっています。

インプラントが適する方、できない方

当院ではインプラント治療をおこなっておりますが、まずはインプラント以外の一般的な歯科治療で最善を尽くすことを優先しておりますので、インプラントを強くすすめることはございません。

インプラントはあごの骨に埋入する外科手術が必要になることや、保険が適用できないことから、肉体的にも経済的にも患者さんへの負担が大きい歯科治療と認識しています。

また、患者さんが希望されても、健康状態などによってはお断りする(治療がおこなえない)こともございますので、ご了承ください。

インプラントが適する方

入れ歯が合わない方

入れ歯ががたつく、しっかりと噛めない、違和感があって食事を楽しめない、食事の度に食べ物のかすが挟まって痛い、部分入れ歯の金具が気になる、しゃべりにくい・・・など、入れ歯がストレスになっている方は、天然の歯に近い噛み心地が期待できるインプラントに取り替えてみてはいかがでしょうか?

健康な歯を削りたくない方

ブリッジの最大の欠点は、支台にする両隣の歯を削らなければならないことです。

部分入れ歯も金具をかける部分の歯を少し削ることがあります。

健康な歯を削りたくないという理由からインプラントを希望される方が少なくありません。

見た目の良さも重視したい方

部分入れ歯を作ったけれど、銀色の金具が目立つことに抵抗があって結局使わなくなってしまった・・・という患者さんがいらっしゃいます。

インプラントは機能だけでなく見た目も自然に仕上げることができる歯科治療です。仕事の関係で入れ歯を入れられない方、営業や接客業などで口元の審美性を求められる方がインプラントを希望されています。

インプラントができない方(禁忌症)

インプラントは、どなたにでも受けていただける歯科治療ではありません。

適さない方に無理にお入れしても、後にトラブル(破折や脱落)を引き起こすリスクが高まりますので、当院ではインプラントが適さない方の治療はお断りすることがございます。

口腔ケア・プラークコントロールが不十分な方

インプラントは天然の歯よりも感染症に弱く、埋入後は、定期的にメインテナンスを受けていただく必要があります。

あごの骨や健康状態に問題がない方でも、虫歯や歯周病になりやすいお口の方、毎日のブラッシングやメインテナンスがしっかりとできない方は、インプラント埋入後のリスクが高くなるため、治療をお断りしています。

あごの成長期の方(22歳前後)

あごの骨と結合させる歯科治療ですので、成長期の方には施術ができません。

あごの成長は22~23歳頃まで続きますので、成人の方であっても、成長期と診断された方にはおこなっておりません。

全身疾患がある方

インプラントは金属製の人工歯根(インプラント)を外科手術であごの骨に埋入し、骨と結合させる歯科治療です。

全身疾患があると、治癒力が低い・免疫力が低くて感染症を起こしやすい・インプラントと骨が結合しにくいなどリスクが高く、インプラント治療には適しません。

糖尿病、高血圧、心臓病などの他、外科手術を受けることが困難な疾患をお持ちの方も、注意が必要です。

あごの骨が薄い(少ない)方

インプラントはあごの骨に直接埋入しますので、一定以上の骨の厚さや高さがなければインプラントを支えることができません。あごの骨が薄い(少ない)方に無理にインプラントを埋入すると、破折や脱落などのトラブルにつながるため、事前のCT診断で骨が薄いと判断した場合は、インプラントをお断りしたり、専門医療機関(大学病院など)をご紹介させていただくことがあります。

喫煙者

喫煙される方は、喫煙しない方よりもインプラントの失敗率が高いという研究結果が出ています。

タバコに含まれる成分が血流を悪くしたり、骨の再生を阻害したり、身体の免疫力を低下させて感染のリスクを高くしてしまうことが、失敗率を高くしている理由です。

インプラントを希望される方には、禁煙することを守っていただいています。

重度の歯周病の方

インプラントが失敗する一番の原因は、感染症です。人工歯ですので虫歯になることはありませんが、お口のケアを怠ると、歯周病に似た「インプラント周囲炎」という感染症を発症するリスクが高まります。

インプラントには天然歯のような細菌に対する抵抗力がありませんので、一旦感染してしまうと進行が早く、インプラントが脱落してしまいます。

重度の歯周病の方はお口の中の細菌の量が多いだけでなく、口腔ケアが不十分であることから、インプラントを入れてもインプラント周囲炎を発症するリスクが非常に高まるため、インプラント治療には適していません。

歯ぎしり・食いしばりの強い方

歯ぎしりや食いしばりが強いと、インプラントそのものに強い負担がかかってインプラント周囲炎を引き起こし、上部構造の人工歯が割れたり欠けたりすることがあります。

ご本人が意識していなくても、寝ている間に歯ぎしりをされていることがあります。お口を拝見し、

インプラント治療の流れ

01.検査・診断・治療計画立案

インプラント治療が適しているかどうか、病歴やお口の状態を慎重に評価します

服用している薬の種類(骨粗しょう症治療薬など)によってはインプラントができないことがありますので、服薬状況についても詳しくお知らせください。

また、骨量や骨の状態を詳しく調べるために、レントゲン・CT撮影もおこないます。

02.インプラント埋入手術

歯の欠損部分にインプラント(人工歯根)を埋入します。

手術は専用のオペ室で、感染症をなるべく避けるための衛生管理を徹底しておこないます。

手術が恐い方には、ご希望があれば痛みや恐怖を和らげる処置をおこないますので、不安な方はご相談ください。

インプラント埋入手術後、骨としっかり結合して安定するまで待ちます。

結合を待つ期間は、インプラントの種類や本数、手術法、骨の状態などにより個人差がありますが、おおむね6週間から6ヶ月程度です。

03.インプラント上部構造(人工歯)の製作と取り付け

インプラントが骨としっかり結合したら、インプラントの上に土台と人工歯を取り付けます。

人工歯の製作は一般的な被せ物(クラウン)の製作と等しく、型取り・仮歯での調節・実際に取り付ける人工歯の製作・人工歯の取り付け・・・という流れでおこないます。

04.メインテナンス

インプラントには天然の歯のような細菌に対する防御機能がありませんので、定期的にメインテナンスをしっかりとおこなって歯を守らなければなりません。

重要になるのは、毎日のご家庭でのケア(ブラッシング)と、歯科医院での定期検診(インプラントの状態チェック、クリーニングなど)です。歯科医師・歯科衛生士の指導に従い、しっかりとメインテナンスをおこなうようにしましょう。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内