HOME >  入れ歯治療

入れ歯治療

「噛める」入れ歯をお作りします

歯を失ってしまった場合、一般的には保険が適用できる入れ歯で欠損を補います。入れ歯というと、がたついたり、はずれやすかったりするイメージがあるかと思います。合わない入れ歯は違和感が大きく、しゃべりにくかったり、食事をすることがストレスになったりします。

当院ではなるべく患者さんに快適に過ごしていただけるように、保険の入れ歯であってもしっかりと調節をおこない、できる限り<噛める>入れ歯をお作りするように努力しています。

入れ歯製作の流れ

入れ歯の型取り

入れ歯を入れる部分の型を取ります。歯の詰め物や被せ物を作る時と同じく、柔らかい型取り材が固まるまでしばらく噛んでいただきます。

模型製作

採取したお口の型から石膏の模型を作り、その上に入れ歯のサンプルを作ります。サンプルを実際にお口の中に入れ、調節して行きます。

調整

サンプルで噛んでいただき、かみ合わせや装着感をチェックします。痛みがあったり、すぐにはずれてしまうようであれば、調整して行きます。

入れ歯作成

かみ合わせなどの調整をしたサンプルから、実際に装着していただく入れ歯を作成します。調整した部分にずれがないように、院内の技工室で丁寧に製作していきます。

調節

サンプルから作った入れ歯を患者さんにつけていただきます。痛みや違和感がないか、ずれやがたつきがないかをチェックし、患者さんのお口にぴったりと合うように調整を繰り返します。

調整のために何度かご来院いただくこともございますが、可能な限り快適な入れ歯をお作りできるよう、違和感や不安があれば遠慮なくお伝えください。

院内に技工室があるメリット

一般的な歯科医院は、入れ歯などの補綴物は外部の歯科技工所に製作を委託していますが、当院では院内に歯科技工室を設置し、院内で技工をおこなっています。

院内に技工室があることは、患者さんにとって以下のようなメリットにつながります。

壊れても、短期間で修理できます

プラスチック製の入れ歯が割れたり、部分入れ歯の金具が壊れたりした時は、なるべく早く修理をして欲しいものです。
破損の程度によりますが、当院は院内に技工室がありますので、ちょっとした破損であればその場で修理できることがあります。

破損状態によってはお預かりして修理をおこなうことがありますが、院外の技工所に修理を依頼するよりは早く修理することができますので、お待たせする期間を短くすることができます。

患者さんの希望が反映されやすい

型取りや調整をおこなうのは歯科医師ですが、入れ歯そのものを製作するのは歯科技工士です。
同じ歯科医院内にいる歯科医師と歯科技工士が連携して補綴物を作りますので、患者さんが「ここを直して欲しい」と希望していることが技工士に伝わりやすく、より快適な入れ歯を作ることが可能になります。

お急ぎの方はご相談ください

入れ歯を新しくお作りするのに必要な期間は、一般的には1ヶ月程度みていただいています。
しかし、仕事の都合でどうしても早く必要になる方もいらっしゃいますので、お急ぎの場合は、可能な範囲で対応させていただきます。これも、院内の技工室で製作をおこなっているからこそできることです。

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内