HOME >  虫歯治療

虫歯治療

虫歯をそのままにしていると?

日本人が歯を失う原因の第2位は、虫歯です。当院でも毎日多くの患者さんが虫歯治療のために通院されています。
虫歯で歯を失わないためには虫歯にならないことが一番ですが、もし虫歯になっても「まだ小さいうちに見つけて治す」ことができれば、歯を失うリスクを軽くすることができます。

井上クリニックでは、虫歯を早く見つけることができるよう、定期的なメインテナンスを受けられることをおすすめしています。

虫歯の進行

虫歯は、お口の中の細菌が出す酸で歯が溶かされてしまう病気です。

治療をせずに放っておくとどんどん歯が溶けて感染が広がり、やがて歯の神経にまで進行して、最後には歯を抜かなければならなくなります。なぜ早く見つけて治す方が良いのかを知っていただくために、虫歯がどのように進行していくかをご説明します。

C0 ごく初期の虫歯/歯の表面が白っぽくなる・痛みはない

C0 ごく初期の虫歯/歯の表面が白っぽくなる・痛みはない

歯の表面が溶け始めている状態(脱灰)です。
虫歯になった部分の透明感が失われ、白っぽくなります。
痛みなどの自覚症状はありません。

C1 初期の虫歯/エナメル質に穴があく・痛みはない

C1 初期の虫歯/エナメル質に穴があく・痛みはない

脱灰が進み、歯の表面のエナメル質が溶かされて穴があいている状態です。
エナメル質には神経が通っていないため、痛みを感じることはありません。

C2 中期の虫歯/象牙質まで進行・冷たい物がしみたり痛みを感じたりする

C2 中期の虫歯/象牙質まで進行・冷たい物がしみたり痛みを感じたりする

虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進行した状態です。
神経に近づくため、冷たいものがしみたり痛みを感じたりするようになります。表面では小さな穴に見えても、内側で進行してしまっていることがあります。

C3 後期の虫歯/歯の神経まで進行・熱い物がしみたり激痛を感じたりする

C3 後期の虫歯/歯の神経まで進行・熱い物がしみたり激痛を感じたりする

虫歯が更に進行すると、感染が歯の神経(歯髄)にまで至った状態です。

神経が炎症をおこしていますので、激しい痛みを伴います。虫歯を削り取るだけでなく、感染した神経も取り除く必要があります。

C4 末期の虫歯/歯冠部が失われる・歯の根が膿む

C4 末期の虫歯/歯冠部が失われる・歯の根が膿む

虫歯が広範囲に進行し、歯冠部(歯茎から上に出ている部分)が失われてしまった状態です。

激しい痛みを感じる場合もありますが、神経が壊死して痛みを感じなくなっていることもあります。

虫歯の治療~なるべく削らない、抜かない~

虫歯の治療は、虫歯菌に感染した部位をきれいに取り除くことと、虫歯で失ってしまった歯質を人工物で補ってきちんと噛めるようにすることです。

当院ではなるべく歯を残せるように、細心の注意を払って治療を進めて行きます。

歯を残す治療

虫歯をきれいに取り除く

虫歯になった部分には、虫歯の原因菌が入り込んでいます。原因菌が残っていると虫歯はどんどん内部に向かって進行してしまうので、虫歯になって柔らかくなってしまった部分を全て取り除いて進行を止めることが、虫歯治療の第一段階になります。

以前は「少しでも残っていたら再発するから」と、虫歯の周りの歯を大きく削り取ってしまう治療が主流でしたが、最近では必要以上に歯を削らない治療が重視されるようになってきています。
当院でも、<なるべく削らない、抜かない>ことを第一とし、必要な治療だけを適切におこなうようにしています。

歯の根まで進行したら・・・

歯の根まで進行したら・・・

虫歯が歯の根(歯髄)にまで進行してしまったら、神経の治療(根管治療)が必要になります。根管治療は、針状の専用器具で感染した神経を丁寧に取り除いて進行を止める治療法です。歯の根は複雑な形をしているため、感染した神経をきれいに取り除くことは大変な作業になりますが、根管治療をきちんとおこなうことで再発や歯を失うリスクを軽くすることができます。

歯の状態や感染具合によっては、根管治療に長い時間がかかることがありますが、ご自分の歯を残すために、根気よく通院していただきたいと願っています。

失った歯質を補う

歯の失われた部分を人工物で補い、見た目やかみ合わせを回復させることを「補綴(ほてつ)」といいます。
補綴の方法はさまざまなものがあり、歯の失われた量や部位などによって最適な方法を選んでいます。

充填:歯をほんの少し削って歯科素材を詰める

虫歯がごく小さい初期の段階で治療を開始することができれば、歯を削る量はほんの少しですみます。
削った部分はレジン(歯科用の白いプラスチック)や歯科用金属を直接歯に詰めて修復します。
痛みはありませんので治療の際に麻酔の必要はなく、治療が必要な範囲が狭いので、通院回数も少なくてすみます。

インレー:少し歯を削って詰め物(インレー)を入れる

虫歯が深く大きくなると、その分歯を削る量が増えます。充填では十分に歯を補うことができず、充填物が欠けたりはずれたりしますので、穴の形に合わせた詰め物(インレー)を作成して詰め、歯を修復します。
削る量によっては痛みが出ることがありますので、部分麻酔を用いる場合があります。

クラウン:歯を大きく削って、被せ物(クラウン)で覆う

「差し歯」とも呼ばれるクラウンは、歯が大きく欠けてしまったときに用います。

歯茎から上に出ている部分を土台にして、歯の形に作った冠状の人工物を接着して見た目・かみ合わせを回復する治療法です。歯の神経を取り除いた場合は、歯の根に芯(コア)を差し込んで支えを作り、その上にクラウンを取りつけます。
歯を削る量が多くなりますので、多くのケースで部分麻酔を用います。

歯を残せないときは・・・

やむを得ず抜歯をしなければならなくなった場合は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで修復し、再び噛めるようにいたします。

治療法については最適と考えられる方法をご提案していますが、ご希望がある場合は遠慮なくご相談ください。希望される治療法が適さない場合はお断りすることもありますが、メリット・デメリットも考慮しながら、最善の方法を検討いたします。

虫歯にならない・虫歯を減らすために

虫歯にならないためには、虫歯の原因を取り除くことが一番です。

定期検診で早期発見・早期治療

虫歯の自覚症状がなくても、虫歯チェックやクリーニングのために定期的に歯科を受診されることをおすすめします。
定期検診(メインテナンス)ではお口の状態をチェックし、虫歯のリスクが高ければ、ブラッシング指導などリスク軽減のためのアドバイスをいたします。
また虫歯になってしまっても、初期の段階で治療を開始できれば、歯を削る量を最小限におさえることができます。

口腔ケアで虫歯のリスクを減らす

虫歯予防に一番効果があるのは、ご家庭での歯磨き(ブラッシング)です。
虫歯や歯周病の原因菌の棲み家であるバイオフィルム(歯垢・プラーク)が溜まりにくい清潔な口腔環境をつくることで、虫歯のリスクを減らすことができます。

歯磨きは、ただ歯ブラシでごしごしこすれば良いというわけではありません。

当院では、虫歯の原因菌のバイオフィルム(歯垢)をしっかりと落とすための<正しいブラッシング>の指導をおこなっています。どうぞ定期検診にいらしてください。

食習慣の改善・虫歯になりにくい食生活へ

虫歯は、虫歯菌が食べ物に含まれる糖から作る酸で歯を溶かされてできます。
食べ物が口に入っている時間が長くなると口の中が酸性に傾きやすく、虫歯のリスクが格段に高まります。

一番良くないのは、<ダラダラ食い>です。

飴やチョコレートなど糖分の多い物を時間をかけて食べることが多くありませんか?
水分補給のためにしょっちゅうスポーツドリンクを飲んでいませんか?

糖(食べ物)がお口に入っている時間が長い食生活をされているのであれば、改善することで虫歯のリスクを減らすことができます。

補食が必要なお子さんには、「欲しがるからあげる」のではなく「時間を決めてあげる」ようにし、食べたら必ず歯を磨くように習慣づけてはいかがでしょうか?

ページトップ

医療法人社団南州会

井上クリニック

初診のご予約・ご相談
050-3755-8762

その他のご連絡
046-882-4111

〒238-0241
神奈川県三浦市天神町4-12
三崎口駅からバスで15分
バス停「天神町」下車 徒歩2分
三崎港から徒歩15分

アクセスマップ

医院案内